森繁 (モリシゲ)  ~座卓『椿5.0』(漆塗)~

座卓:『 椿5.0 布目ダーク うるみ塗 象谷仕上 』

モリシゲ 座卓 椿 漆塗り 東京デザインセンター

 

"侘び、寂び、に通じる風合い"

長年使い込むほどに、象谷塗り独特の陰影が出て、渋い味わいを増していきます。

サイズ 価格
W1505×D905×H360 \ 297,000(税込) 

~象谷塗 ぞうこくぬり~

玉楮象谷
象谷塗り
  • 1807年、現在の香川県に生まれ、香川漆芸の創始者である

           玉楮象谷(たまかじぞうこく)の名をとっています。

  • 木地に漆の塗りを繰り返し、最後に池や川に自生する真菰(まこも)の粉を

           まいて仕上げます。

  • 使い込むほどにつやが出て、渋みを増す特徴があります。
  • 香川県が伝統工芸品産業振興法による、産地指定を受けている塗り方の一つです。
モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター
モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター
モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター
モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター

 

 

 

お使いになるお客様に満足していただける

よう、熟練職人が真剣勝負で作った商品です

ので頑丈な梱包で運ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

箱を開けます。

厚いダンボールで角あてをしてあります。

モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター
モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター

 

 

 

本体と箱のすき間には、たくさんのベニア板が入っていて、箱の外からの衝撃から本体を守ります。

 

 

 

 

 

 

 

中ぶたをはずすと、厚手の白いパッキンに

包まれています。

モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター 

 

 

 

 

白いパッキンを取ると、防水効果のある紙が何枚も重ねて天板にかぶせてあります。

モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター

 

 

 

 

紙を取るとやっと、美しい天板が表れます。

モリシゲ 座卓 椿 梱包 東京デザインセンター

 

 

 

 

脚もしっかりガードされています。

モリシゲ 座卓 椿 東京デザインセンター 展示

 

  • 日本人の情緒、繊細さ、文化等…感性を大切にしたものづくり。
  • メンテナンスを行いながら、長い時間を安心してご使用いただけるものづくり。

 

 

  <株式会社 森繁>

 【https://www.morishige-furniture.co.jp/

 

 

モリシゲ 座卓 椿 東京デザインセンター 展示

東京デザインセンターではこの座卓の他に、数年使っているうちに奥深い透明感のある色合いの変化を楽しめる溜塗(ためぬり)という漆塗りの座卓も展示してあります。

 

他でご覧いただけるところが少ないので、是非、お近くにお越しの際はお立ち寄り下さい。